ジミパラたまご】のこだわり

最近、たまごにこだわっているのですか?

と聞かれる事が増えたので、

☆ジミパラ☆たまごのこだわりについて🥚

【“シフォンケーキ”に最適なたまごを探せ】から始まりました。

まずは基礎的な事柄として、卵には赤玉と白玉があるのはご存知の事と思いますが、

赤玉の方が高級で美味しそうな気がするけど、実は中身は同じ。

違うのは鶏の種類で、赤玉の鶏は白玉の鶏に比べ、産む卵の個数が少ないとの事

それで値段が少々高めになるのだけれど、中身が同じならば安いほうが良い。

赤玉のほうがイメージはいいけどね😆☆ジミパラ☆は中身で勝負。

“平飼い”と“ゲージ飼い”についても、平飼いだから品質が良いとは限らない。

実は自宅から徒歩圏内にも“平飼い”のたまごを販売している農家さんがあって、

実際に見学してきましたが、適切に管理されたゲージ飼いのほうが、

品質管理、衛生管理、安定供給の面から、お店で使うならゲージ飼いに一票。

卵屋さんに伺うと、飼育環境よりも食べさせる餌とか水が大切との事。

ゲージ飼いといってもよく言われるような、鶏さんがギチギチに並んでいるのではなく、

それなりにゆとりあるスペースで飼育しているとの事。

鶏もね🐓

国産鶏にこだわる方もいるけど、国産鶏はほとんど赤玉で大きさも小さめ。

☆ジミパラ☆たまごはジュリアというドイツから来た鶏種との事だけど、

もちろん日本で産まれた鶏の卵なので、国産鶏にはこだわらない。

フードマイレージを考慮すれば、それこそ近所の農家さんだけど、

そんなに数は採れないというので、あと有名なのが青梅と日高。

青梅は仮にも都内だしね。以前日高産の狭山紅茶を取り扱っていた事もあって、

日高もそんなには遠くない。

たまごかけごはんで食べるなら、日高の“たかはしたまご”がダントツだと思います。

ただし、一般小売価格が安いほうでも1個¥100、そりゃ美味いは。

青梅のたまご倶楽部さんや、☆ジミパラ☆の近所のegggさんは1個¥60。

気軽に食べるにはちょっと高めかな😆

コスパもやはり大切です。

ちなみに、スイーツのために開発されたという、エグーロワイヤルというたまごも試食したけど、元々ヨーロッパから来たパティシエさんの要望で作られたということで、日本人からすると卵本来の味が物足りない。(こちらも1個¥100ほど)

それに“シフォンケーキ”の場合、黄身もそうだけど白身も大切。

Lサイズ以上で、

もちろんあとはトレーサビリティ(流通追跡)がちゃんとしてないとね!。

ジュリアは割と一般的な鶏との事ですが、

飼育環境と餌や水にこだわる事で美味しいたまごになりました。

その分値段も少し高くなりますが、いわゆる“こだわりたまご”よりは安く、

コスパは最高だと確信しています。

養鶏場は普通、雛を購入しているらしいのですが(鶏の雛を育てる専門の業者があるという事を始めて知りました)

☆ジミパラ☆がお取引させていただいている青森の鶏場は、自社で雛から育てていて、その分コストダウン出来るとの事。

そんな訳で、美味しさ、品質、安心、コスパが揃った【☆ジミパラ☆たまご】と名づけさせていただきました。

こだわるとキリがないけどね。

価格以上の品質だと自負しております。

今まで“お試し価格”として、10個入りを378(税込)で販売しておりましたが、

コロナの影響で卸価格が高くなっている事もあり、

7月から10個入りが【400(税込)】6個入りは【270(税込】とさせていただきます。

ご理解のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です